スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[烤鳥同人]ユーリxアスベル
「行ってください。今のユーリなら、お前しか止められない。ユーリを。。。頼む。」
なせ隊長がそういうことをいうのかさっぱりわからない。いつも二人が一緒で、いつも無茶をする。だが、なぜだろう、隊長のこの言葉を聞いて、心の奥に何が嬉しい。

「ユーリが。。。俺が守る!」
「。。。。。自分の身くらいが自分で守りできる。気を付けろ、もし万一があれば、。。。。その時は、あの世界にまだ会おう。」
「あの世界?あ、フォドラのことか、いいよ。」
「。。。。。。後でお前の大好物のカレーを作ってから、さっさと片付けって、さっさと戻れ!」
「え?ユーリのカレー?!わぁぁ、まじ?ユーリ作ったカレーが最高、超うまい!シェリーアが怒るかもしれないが、シェリーア作ったより何倍美味しいよ。では、また後で。」

遠離のアスベルを見て、ユーリの口元に小さい声が漏れ:「。。。。馬鹿」
でも、その言葉はすぐ風に呑まれ、アスベルの耳に届かれなかった。

<<こういう夢を見ましたが、せっかくユーリが告白なのに、アスベルの馬鹿!!
スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。